鉄道模型 ブームから定着
趣味として定着した鉄道模型

鉄道模型のブーム

鉄道模型
鉄道模型

昔から大人が楽しめる趣味として人気が定着している鉄道模型が、近年ではその人気がさらに大きなものとなってきており、ブームと言えるほどの状況になっています。何かをこつこつと作ることが好きな人は日本人、特に男性の中には大勢いて、そういった人たちがはまりやすいのが、見た目が大人から見てもかっこよく、またジオラマの上に敷いたレールの上を走らせるという楽しみ方ができる鉄道模型なのです。

鉄道模型

鉄道模型の人気がとても大きくなってきている理由には、鉄道そのもののファンが増えてきて、その鉄道関連の趣味のバリエーションとして注目されるようになっているという点を挙げることができます。またその人気の高まりに大きな影響を与えているのが、大きな規模で作られた鉄道模型を展示したり、一般から作品を募集して優秀なものを選ぶコンテストを開いたりといったような、色々なイベントが各地で開催されているということです。

鉄道に関心のある人がそういったイベントを訪れた際に、良くできた鉄道模型を目にして心を動かされ、自分も作ってみようという関心を抱くことはよくあるのです。また一部の熱心なマニアの趣味という昔のイメージが薄れて、幅広い層に受け入れられるものとなってきているのも、そういったイベントのおかげだと言えるでしょう。

走る鉄道模型

Nゲージの鉄道模型

鉄道レイアウト

鉄道の魅力を楽しむには、実際に車両に乗って旅をしたり素晴らしい情景を背景に写真を撮ったり様々です。その中でも鉄道模型を購入して、観賞用にクリアケースに入れたり、実際の風景をジオラマとして再現して走行させたりと色々な角度から楽しむ事が出来ます。

実車を細かく再現した鉄道模型の規格として定着しているのが、Nゲージと呼ばれるものがあります。レールの軌間幅が9mmで、縮尺が1/148〜1/160の鉄道模型規格の総称です。海外では小型のHOゲージが主流ですが、日本ではNゲージが普及しておりブームです。Nゲージは、走行型の鉄道模型でレールの片方を正極としもう一方を負極として、最大で12Vの電圧を掛け車輪から集電してモーターを回します。

進行方向は、正極と負極を逆転する事で決める事が可能で家庭用コンセントから電源取り降圧し直流電流に交換して動力とします。車両はプラスチック製の塗装済みの完成品が殆どですが、自らパーツを取り付ける商品もあります。また、金属製の車体もあり、重厚感がありより本物に近い仕上がりです。様々な楽しみ方があり、車両を収集したりジオラマ製作をしたり幅は広いです。更に、走行している姿を見るのも醍醐味です。

鉄道ジオラマ